0120-15-6343
平日 8:30~21:00/土日祝 8:30~19:00

Blog公式ブログ

コラム2020.11.09教習所の料金は分割払いできる? 支払い方法の確認しよう

自動車運転免許の取得にはまとまったお金が必要です。免許取得後は、実際に自動車を運転する生活を予定している人も多いことでしょう。それには自家用車を手に入れる必要がありますが、一括で購入するとなると大きな出費を覚悟しておかなければなりません。免許取得の費用と合わせれば、家計の負担になることは目にみえています。

免許取得のために教習所に支払う料金の支払い方法は一括のほか、実は分割払いにすることも可能です。そもそも、免許取得の費用をどのくらい見積もっておけばいいのか把握しているでしょうか。この記事では、教習所にかかる料金がどのくらいになるのかを説明するとともに、分割して支払える方法についても詳しく解説します。

教習所にかかる料金はどのくらい?

同じ教習所でも、日常生活を続けながら都合のいい日程を選んで通学できるところのほか、短期間で集中的に課程を終えられる合宿教習を実施している教習所もあります。それぞれどのくらい料金がかかるのか比較をするとともに、教習以外にかかる費用についても詳しく説明します。

合宿教習との料金の比較

通学教習と合宿教習では、教習所にかかる料金に違いがあります。通学教習の場合、AT車限定では26~27万円程度が相場です。MT車の教習についてはAT車よりも数万円割高になり、28~29万円程度になります。

一方で、合宿教習では20~25万円と通学教習よりも割安なところが多い傾向です。合宿教習では教習が行われる期間、現地に滞在する必要があります。そのための宿泊費や食費なども当然かかってきますが、合宿教習ではこれらの費用も込みの料金が一般的です。

自宅から通える通学教習に比べて、宿泊費や食費がかかる合宿教習の方が費用は高くなると考えがちですが、実際にはそうではありません。合宿教習を実施している教習所の多くが地方にあり、施設建設や維持費を抑えられることが料金を安くできる理由のひとつです。

また、合宿教習では期間中1日を通して効率よく教習に時間を充てることができるため回転率がよく、生徒が短期間で入れ替わります。料金を安く設定しても利益が見込めるため、通学教習に比べてリーズナブルな料金設定をしているところが多くなっています。

教習以外にかかる料金は?

・仮免許や卒業検定にかかる料金
入学する際に支払う分は、基本的に教習にかかるものだけで仮免許試験や卒業検定などにかかる費用は含まれていません。仮免許を取得するためには、仮免許試験および仮免許交付にかかる料金が発生します。ただし、公認・指定教習所の場合は教習料金に含まれていることがあります。

本免許取得の際にも、卒業検定や運転免許試験場で受験する学科試験、免許証の交付を受けるタイミングで支払いが必要です。

・追加教習にかかる料金
最初に教習料金として支払う分は、スムーズに教習を終えることを想定した最低金額です。思うように上達しなかったり、仮免許試験や卒業検定に合格できなかったりすれば、追加で教習を受けなければなりません。その部分の料金については別に支払う必要があります。

・夜間教習や予約のキャンセル料など
教習所にもよりますが、夜間教習に対して夜間料金を設定しているところもあります。予約をキャンセルする場合にキャンセル料が発生するところもあるため、自分の通う教習所の料金設定がどうなっているのかあらかじめ確認しておくようにしましょう。

教習所にかかる料金の支払い方法とは?

支払いの方法は教習所によって多少違いがあるものの、ほとんどのところで共通しているのは現金による一括払いです。デビットカードでの支払いや、銀行振り込みでの支払に対応している教習所もありますが、基本的に入学時には全額支払う金額を用意しておかなければなりません。

しかし、支払いには合宿教習でも20万円以上、通学教習の教習所でMT車の免許を取得する場合は30万円弱もの金額がかかります。親に費用を負担してもらえるならともかく、学生や社会人になりたての人にとって、それだけの金額を入学前に準備しておくのは容易ではありません。

クレジット払いに対応しているところなら、入学する時点で手元にお金がなくても支払い手続きを行うことが可能です。ただ、一括払いを選択した場合は翌月まとめて引き落としがされるため、翌月にそれだけの金額を準備しておくことが必要です。

クレジット払いでも2回払いやリボルビングでの支払いを選択することができれば、入学時にまとめて大きな負担がかかるのを避けることができます。

分割払いが可能

教習料金の支払に関して、分割払いに対応している教習所も少なくありません。分割払いでは入学時に全額支払う必要がないため、大きな金額を一度に準備できないときでも無理せずに通えることがメリットです。

分割方法や回数などの設定は教習所によって違いがあるものの、金利手数料が発生しないケースが多くなっています。具体的には2回や4回などに分割しているところがあれば、その都度払いに対応している教習所もあります。

その都度払いは、入学時に技能教習や検定にかかる料金以外の分について支払いを済ませ、残りは実際に技能教習や検定を受けるときにその都度支払うという方法です。

分割払いでは卒業までに全額支払う必要があるため、短期間での卒業を目指しているならば猶予期間はそう長くありません。それでも、卒業までに費用を全額捻出できるめどがたっている場合は利用しやすい方法であり、入学時に支払う金額の負担を軽減できるところがメリットです。

運転免許ローンという手もある

教習所の料金を一括で支払えない場合、分割払いのほかに運転免許ローンを利用することも可能です。分割払いと同様に一度に全額を支払わなくてもいいところがメリットですが、基本的な仕組みが異なります。

分割払いはあくまでも支払いの回数を数回にわけることができるだけで、支払う相手が教習所であることは同じです。一方で、運転免許ローンは銀行や信販会社、大学生協などが融資してくれる方法であり、返済はローンを組んだ金融機関に対して行います。

月々の出費をかなり軽減できるところが運転免許ローンの大きなメリットです。ローンの種類によっては支払い回数を最大36回(3年)に設定できることもあるため、無理なく支払いができます。ほかにも支払いの開始月を選択できる場合や、ボーナス払いが設定できるローンもあるなど支払い方法の選択肢が複数あります。

ただし、所定の審査に通過しなければ利用することができないことや、金利手数料が発生するため支払う総額が割り増しになるなど申し込みに際しては注意点もあります。

東京都でおすすめの教習所

東京都武蔵野市にある武蔵境自動車教習所は、JR中央線の武蔵境駅から徒歩約5分の好立地にあり東京在住でなくても利用可能です。平日は21時まで営業しているため、学校が終わってからはもちろん、仕事帰りにも利用しやすくなっています。

教習所内には、プロのネイリストによるジェルネイルを体験できるヒーリングスペースがあります。さらに、無料で使用できる高酸素カプセルやパソコン、漫画ライブラリーなど、フリースペースが充実し、教習の合間も飽きません。

経験豊かな保育士が在籍する提携保育園もあり、教習生は無料保育サービスを受けることができます。もちろん、分割して教習料金を支払うことができ、対応もかなり親切なおすすめの教習所です。

教習所の料金は分割払いできる?

教習所には通学教習のところと合宿教習を実施しているところがあり、料金が比較的安く済む合宿教習でも最低20~25万かかります。通学教習では一般的にもう少し高くなり、入学時に現金一括払いで支払うには負担の大きな金額です。試験に落ちたり追加講習が増えたりすれば、さらに負担は大きくなるでしょう。

教習所によっては分割払いに対応しているところがあるほか、クレジット払いや運転免許ローンによる支払いが可能なところもあります。

JR中央線の駅からアクセスしやすい武蔵境自動車教習所でも、負担を抑えられる支払い方法を選ぶことが可能です。ジェルネイルや高酸素カプセル、保育園など無料サービスが充実している武蔵境自動車教習所は、通える範囲にお住まいの人におすすめの教習所です。

Contactお問い合わせ

お気軽に
お問い合わせください

0120-15-6343
受付時間:平日8:30~21:00/土日祝8:30~19:00