0120-15-6343
平日 8:30~21:00/土日祝 8:30~19:00

Blog公式ブログ

コラム2020.11.09運転の練習はどこでする? 脱ペーパードライバーする方法を解説

「脱・ペーパードライバーしたい」と考えている人のなかには、実践的な練習ができず不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。転居やライフステージの変化、急なアクシデントなどさまざまな理由で車の運転が必要になるケースは少なくありません。今現在車の運転を必要としない日々を送っている人でも、運転が必要になる日が突然くる可能性もあるため練習をして備えておくと安心です。そこで今回は、運転の練習をどこでしたらよいかおすすめの練習方法などについて紹介します。

脱ペーパードライバーするための3つの方法

脱ペーパードライバーするためには、「一人で練習する」「誰かに同乗してもらう」「ペーパードライバー教習を受ける」の3つの方法があります。ここでは、それぞれの練習方法やメリット・デメリットを紹介します。

その1.一人で練習する

一人で練習する方法は、お金がかからず車さえあればすぐにでも練習を開始できるメリットがあります。人に気を使う必要がなく、思い立ったらすぐに練習できるのは嬉しいポイントです。しかし、ペーパードライバーの人が一人で練習するのは効率が悪く、事故を招く危険性も否定できません。自分の運転を客観的に見てくれる人がいないのも、デメリットのひとつです。

さらに、一人で練習する場合は、事前にWEBや教材で運転方法をおさらいしたり練習する道路を自分で決めたりしなくてはなりません。普段運転をしない人が運転しやすい道を選ぶのは至難の業です。道に迷ったり、自宅に帰れなくなったりするリスクもあります。運転練習中にトラブルがあったとき、相談できる相手がいないのもデメリットでしょう。

その2.友人や家族に同乗してもらう

車の運転ができる友人や家族に助手席に乗ってもらい練習する方法もあります。運転中は車線変更や合流、一方通行などペーパードライバーの人が混乱してしまう場面も少なくありません。そのような状況のなか、隣で指示をしてくれる人がいると大変心強いです。何らかのアクシデントが発生したときには、運転を変わってもらえる安心感もあります。

その一方で、友人や家族は運転方法を教えるプロではないので教え方が曖昧だったり感情的になったりするデメリットも。説明がわかりづらくてお互いにもどかしく感じる場面もあるでしょう。事故が起きて、同乗者にけがを負わせる不安もあります。

その3.教習所でペーパードライバー教習を受ける

有料ではありますが、効率よく安全に車の運転練習をしたいなら「ペーパードライバー教習」を受けるのが一番です。特に、免許取得から全く運転をしていない人や10年以上ハンドルを握っていない人、アクセル・ブレーキ・ミラー調整など基本的な操作も覚えていないような人などが急に公道に出るのは危険です。事故を起こさないためにも、ペーパードライバー教習をおすすめします。

ペーパードライバー教習では、プロの指導員が車に同乗し運転の基礎から実践までマンツーマンで教えてくれるので安心感が違います。教え方も的確で、運転技術の上達も早いです。補助ブレーキがついているので、万が一のときも安心です。ペーパードライバー講習を行う教習所には、「出張プラン」と称して自宅近くの道路で練習ができたり、外国免許の切り替え練習ができたり、車庫入れの練習ができたりする教習所もあります。いきなり公道に出る必要がなく、自分の苦手な分野を的確に教えてもらえるのは大きなメリットです。

練習に適した日時とは

ペーパードライバーの人がなるべく安全に運転の練習をするなら、時間帯や日にちにも注意が必要です。特に、朝の通勤時間帯と夕暮れどきの運転は避けた方がよいでしょう。朝の通勤ラッシュ時は急いでいる人も多いため、運転が荒くなりがちです。夕暮れどきは視界が悪いうえ、帰宅ラッシュの渋滞に巻き込まれる恐れもあります。また、深夜の時間帯は交通量こそ少ないですが、視界が悪く道路環境を覚えにくいデメリットも。そのため、運転の練習をするなら交通量が落ち着く10時や14時頃がおすすめです。

日にちは、平日よりも土日の方が比較的走りやすいです。平日に比べて急いでいる人も少ないので、運転にも余裕が出ます。なお、もし平日に運転をする場合は5と10の付く日、いわゆる「五十日(ごとうび)」は避けましょう。決済を迎える企業が多く、道路が混みあいます。

練習に適した場所とは

運転の練習は、30分以内で帰宅できる範囲で行います。練習ルートでは以下の場所を避けることが大切です。イベント会場の近く、駅のまわり、役所の周辺、ショッピングモール、行楽地、自転車や人の多い裏道の6つです。これらの場所では車や人で混み合うため、運転の練習には向きません。

おすすめは、道幅が広く交通量や人通りが少ない道路です。初めのうちは、大きな国道をひたすら真っすぐ走るのもよいでしょう。アクセルの感覚やブレーキのタイミングをつかみ、適切な車間距離を保つ練習にもなります。いきなり公道に出るのが不安な人は、空いている時間帯の大型駐車場もおすすめです。駐車場なら、車庫入れの練習もできます。ただし、駐車場には歩行者も多いため、歩行者と接触しないよう十分注意しましょう。

そのような事故の心配がなく、落ち着いて練習できるのは教習所です。教習所の練習コースには曲がり角や坂、信号機などもあるため、実際の道路さながらの練習が安全にできます。車庫入れや縦列駐車の練習ができるコースもあり、効率のよい練習が可能です。教習所内は夜でも明るいので、昼間に練習ができない人にもおすすめです。

東京都でおすすめの教習所を紹介

東京都の教習所なら、親切丁寧なインストラクターと車両数が地域No.1の「武蔵境自動車教習所」がおすすめです。JR中央線武蔵境駅nonowa口から徒歩5分の場所にあるため、東京都在住の人はもちろん、他県から東京都に通勤・通学する人にも人気です。LED照明を備え21時まで教習しているので、会社帰りや学校帰りに通いやすいメリットもあります。比較的スピードを出しやすい最長約120メートルの教習コースで練習ができ、安心して路上に出られます。

そのほか、ジェルネイルや酸素カプセル、託児施設などの無料サービスが充実しているのも人気の理由です。「子どもが小さいから……」と、教習所を諦めていたパパやママでも安心して通えます。フリーコーナーも充実しているので、待ち時間も退屈せずに過ごせるでしょう。「ずっと使う運転免許だから、ずっと付き合える教習所でありたい」との理由から、卒業後も無期限でアフターフォローしてくれるのもポイント。卒業後2時限までなら無料で教習を受け直せるので、ブランクがある人も安心です。

脱ペーパードライバーなら教習所が安心

必要に迫られて脱ペーパードライバーしたいと思っても、いつどこでどのように練習をしたらよいか悩んでしまう人も多いはずです。運転の練習は一人でもできますが、事故の心配をせず落ち着いて練習がしたい人は教習所の「ペーパードライバー教習」が一番です。教習のプロが運転の基礎からしっかり教えてくれるので、運転技術はもちろん自信もつきます。

東京で教習所を探すなら、駅から徒歩5分とアクセスしやすい「武蔵境自動車教習所」がおすすめです。明るく優しいスタッフと、運転しやすい教習コースが皆さんを待っています。気になる人は、資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

Contactお問い合わせ

お気軽に
お問い合わせください

0120-15-6343
受付時間:平日8:30~21:00/土日祝8:30~19:00